食うスポットをいかに見つけられるかでの差?

ゴールデンウィークに入り、29日のナイトと30日の朝マズメでの釣行なんですが、期待をよそに悪い方向へと向かっているようで苦戦を強いられております。

デイゲームにしろナイトにしろ、入りたいポイントには多くのアングラーが居てるので、思うように攻められないのが嫌な私は人を避けたエリアへ行くのですが、ここ最近は良いようでイマイチでもありシーバスの数が少ない様子。

そしてその少ないシーバスを見つけなければ釣果に結びつかないのはもちろんですが、そのシーバスを見つけられればアタリも頻発するのでいかにそいつをゲットしていくのか。

まるで宝探しであり冒険の釣行の日々ですね。。。。

スポンサーリンク

29日、ナイトゲーム

さて、まずは29日のナイトゲーム。

18時30分過ぎ、少し早めにポイントに到着するとやはり多くのアングラーがいてるものの、比較的に空いているエリアへエントリーして海の様子をチェック。

時折、表層や岸際でハクが逃げ惑うのでエンヴィ95で探ってみるもヒットする事は無く、数投しては休憩を繰り返しながら暗くなるまで待ってみるも、その後も同じような状況でバイトを得る事がないのでアーダ零に交換して探る。

が、やはりコレもバイトはなく移動を決断。

少しエリアを変更してココらではベストなスポットにて釣り友と合流。

状況はバラシもありバイトも頻発してるとの事で、私が先ほどしていたエリアとの差を感じながらエンヴィ95をキャストすると・・・1投目でヒット!!

エラ洗いされつつ無事にキャッチ成功!

エンヴィ95でシーバス

ヒットルアー:エンヴィ95花火

かなりハクを意識したリトリーブを心掛けての気持ちの良いヒットだったので、この1匹ですでに満足ではありましたがココはさらなる1匹を目指して頑張る。

数投ごとにバイトはある。

が、そのサイズが30あるなしのシーバスやショートバイト、そしてボラっぽいのも混じりながらも探り続けるていると、ある一定のスポット周辺でのみバイトがあるが、そのエリアを少しでもズレるとバイトが得られない。

しかしそろそろ帰宅したいので帰りながら撃っていくも、先ほどのスポット以外では一切のバイトを得る事はありませんでした。

21時頃納竿。

あのスポットで続けていれば追加も出来たとは思いましたが、翌日の朝マズメに調査したいポイントがあったので素直に帰宅しました。

30日、朝マズメゲーム

さて翌日の朝マズメ。

釣り開始は5時頃。

表層にはかなりの数のハクがおり、そして岸際ではちょくちょくとボイルも発生!

とりあえずエンヴィ95で探り、反応がないのでアーダ零~ミニヨレ(ブレードチューン)~ちび冷音とローテするも、このちび冷音にカタクチが引っ掛かってきたのみでした。

引っ掛かるカタクチイワシ

このカタクチが掛かったあとで1、2度ほどのカタクチボイルはあったものの、それが激しく勃発される事も無く釣れる気がしないので早々に納竿。

時刻は6時過ぎ。

もう少し勝負は早く釣れると期待していただけに残念であり、さらに足腰も前日のナイトゲームでの疲れからか限界点に。

何かと我慢の出来ない大人の釣りでした。

では、また。

【タックル】
ロッド:AIMS Black Arrow 86ML
リール:シマノ 10ステラ C3000HG
ハンドル:メガテック LIVRE モノアーム56
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.8号
リーダー:SUNLINE トルネードVハード 4号 フロロカーボン
スナップ:バレーヒル クロスロックスナップ#2
フック:バーブレス仕様

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする