無くしてからでは手遅れ・・・今出来る事を。

親へのご機嫌伺いはされてますか?

私の両親はすでに他界しており、今となっては何も出来ません・・。

人との別れは突然訪れる・・・・、そう、いつ何が起こるかは分からないもの。

親の思いと子の思いは全く別なもので、忙しさを言い訳にしてると後悔するような事にも。

少しだけ、相手を思いやる時間を・・・。

スポンサーリンク

この子は本当はいい子なんです。

この話は私が中学生ぐらいの時に読んだ、とある漫画本の話です。
うる覚えながらお話ししたいと思います。。。

~~~~~~~~~~~~~~

俺は母と二人暮らしで中学、高校と特に意味は無くグレて育ちました。。。。

悪友との付き合いで万引きや喧嘩の繰り返し。
その都度、母は相手さんのトコに謝りに行くのです。


「本当に申し訳ありません・・・。この子は本当はいい子なんです。」

母は俺をどう見ているのか?
俺がいい子って?
コレだけ迷惑掛けてるのに・・・。

そして俺は高校を卒業し、とりあえず就職するも相変わらずのやりたい放題の毎日。

そのたびに母は
「いつまでもそんなんじゃダメだよ!あなたは本当はいい子なんだから」っと、よくある口やかましい母でした。

悪友
「相変わらずお前の母さん、うるせ~な!」なんて言われるもんだから、俺もつい恥ずかしさもあり一緒になって悪く言う。。。。

数か月後のある日、俺はバイクを走らせてると1匹の子猫が飛び出して来た。

俺はその子猫を避けてガードレールに衝突・・・。

薄れていく意識の中で子猫の無事を確認し、俺の最後は子猫を助けて終わるのかと思いながらもホッ安心していると・・・、目の前に自分が倒れている・・・・。

ああ、俺死んだんだな・・・。

ここは人通りの少ない場所なのでいつ発見されるかな?なんて事も思いながら、今までやってきたことなんかを思い出してみる。

俺、いつからグレたんだろう?
小学生の頃は良く母さんと笑顔で話したなぁ~・・・・・。

母さん、ごめん・・・・。

「タカシっ!!!」

んっ?
俺を呼ぶ声が聞こえる。

振り返ると母が倒れている俺を抱きかかえ、泣いているではないか・・・。

なんで?こんな所に?
ああ、そんな抱きしめたら血が服に付くやん・・・・母さん、ごめんな。
でも、やっとコレで楽になれるな。

そう思った瞬間、俺はゆっくりと天に向かって引っ張られていく。

ゆっくりと母が見えなくなるまで俺は母を見つめていた。

すると次の瞬間、今度は勢いよく地上の方に引っ張られていく。

なんだ?やっぱり俺は地獄に行くのか?っと思い地上の方に目をやると、地上の方から勢いよくなにかが近づいてくる。

よく見てみると・・・・母さん!

なんで?
丁度すれ違う瞬間に一瞬母の手に触れる・・・・。

次に気付いた時には病院のベッドの上でした。
どうやら俺は助かったらしい。。。。

アレはなんだったんだろう?夢??
なんて思っていると目の前に死神が現れ驚くものの、その死神はこう話しをしてきた。

死神
「お前はあの日に死ぬ予定だった。しかしお前の母が神に祈り、お願いした。」


「ああ神様、なぜこの子にこんな事を・・・。私の命で良ければ代わりに受け取って下さい。そしてこの子を助けて下さい。この子は本当はいい子なんです。」

そして母は身を投げた。
すると神様は母の願いを聞き入れた・・・と。

数日後、俺は退院して心を入れ変え、母の事を祈りながら更生した・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎日でなくてもいい。
5分だけでもいい。
電話じゃなくてもメールやLINEでもいい。

ほんの少しだけ、相手の事を思ってみてあげて下さい。

また、こんなCMを観た事はありますか?
親と子の思いの違いです。
ぜひ観てみて下さい。

親はいつでも子を思い、子はそ~いう風にはみていないのが現実。

ホントに忙しい?
少しぐらい時間あるでしょう?

ほんの少しだけでいい、考えてみてあげてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろボン より:

    お久しぶりです
    僕は今31歳なのですが22歳の時に母を病気で亡くしました。
    親孝行は親がいる間にしか出来ませんので両親が健在な方々には沢山親孝行していただきたいですね。
    僕は未だにあの時やれる事をしておけばと後悔してます。

    • むぎわら むぎわら より:

      ひろボンさん
      お久しぶりです。

      後悔してもどうしようもないですが、日頃から思い出したりする事で、ご冥福を祈り感謝すれば良いのかな?と私は思いながら日々を過ごしています。

      親孝行のあり方は色々とあると思いますので、心の中でも思い出して感謝すればいいかなと。

      後は恥じない生き方を心掛けていきましょう。
      m(_ _)m