寄せて食わせる!ちび冷音にて連発!!(前編)

土曜日は比較的遅い時間からの出撃をして参りました。

今回は前編、後編に分けてのUPになりますが、期待を裏切らない?釣果を得る結果となり大満足の釣行となりました。

やっぱり自分のスタイルで行きたい時間帯や場所、そして好きなルアーで釣りしてればモチベーションも上がり、釣れる釣れないより満足の行く釣行となりますね。

さて、今回の釣果の方は・・・・。

スポンサーリンク

釣行記 前編

はい、土曜日は8時30分ごろからのスタート。

今回のエリアは個人的に1番好きなエリア。

ポイントに着き流れやヨレ、ベイトの有無をチェックしながら撃っていくが、ベイトが多少いる程度のようですが今日は釣れる!っとなんとなく確信しているので、やる気は十分にある。

ルアーはちび冷音。

広く広範囲に探っていくが反応無く、グラバーHI68Sに交換してさらにチェックしていく。

しかしこちらも反応なく移動しながらひたすらキャスト。

この日の水質はクリアでボラの数は少なめなのか、スレ掛かりする事もなく攻めやすいのですがアタリが無いのも寂しいですね。

そしてストラクチャーエリアにて再度、ちび冷音に交換し数投したところで待望のHIT!

時刻は9時ごろ。

よっしゃ!やっぱりいた~~!!っとフッキングを決めるも比較的沖の方でのヒットなので、アワセがイマイチだったようでエラ洗いにて即バラシ・・・。

凹むのは後回しにしすぐにキャストすると連発!

今度こそとエビ反り鬼フッキングにてしっかりアワセを入れ、ジャンプさせないように慎重に寄せてくる。

何度かジャンプ、エラ洗いをされるもかわしつつランディングに持ち込もうとフックの刺さりをチェックすると、なんとリアフックのさらに1本のみが刺さっているだけ。

これはやばいと焦り少し強引にズリ上げると上げた瞬間にフックオフ。

シーバスは水際でピチャピチャと跳ね、慌ててカバーに入るも残念ながらオートリリースに・・・。

50くらいの銀ピカなシーバスでした。
コレはキャッチ?バラシ??笑

とりあえずここでひとまず凹み時間を入れ、気持ちを切り替えたところで再度キャスト。

すると今度はキビレがヒットし、これもズリ上げたものの同じく跳ねまくってオートリリースに・・・。
サイズは40ほどでした。

この後は反応がないので再びグラバーHI68Sにチェンジ。

そう!そろそろコレで釣りたいので、アレコレと試行錯誤しながら攻めるが反応は得られない。

しばらく沈黙が続き、水面をすう~っと2羽の鳥が泳いできたのを確認。
がっ、この鳥が潜った場所が悪い!!

ちょうどルアーの通り道付近なので、引っ掛けたら嫌だな~っと思っているとググンッ・・。
アワセをためらうも魚っぽいアタリの様な?っと思っていると次の瞬間、シーバスがジャンプしてさようなら~~。

せっかくのグラバー初フィッシュが~~~・・・・。泣

この後も数投するが反応なく仕方ないのでエリアを移動して行くと、カタクチイワシが表層でピチャピチャとしているエリアを発見。
しかもなかなかの数がいてる。

コレはチャンスと攻めまくるも1、2度バイトらしきがあり一瞬乗るもすぐにフックオフ。

カタクチもそんなに追われてる気配もないので一旦休憩する事にし12時すぎに納竿。

とりあえず前半はこんな感じの釣行になりました。

では、続きは後編にて。

【タックル】
ロッド:AIMS Black Arrow 86ML
リール:シマノ 10ステラ C3000HG
ライン:ラパラ ラピノヴァX マルチゲーム 0.8号
リーダー:SUNLINE トルネードVハード 4号 フロロカーボン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする