自転車通勤に最適なパニアバッグ

思わぬ事故からバイク通勤をやめて自転車通勤に変更した私ですが、その時のカバンについて色々と悩みが出て来ました。

それもこの寒い冬なのにも関わらず、こんなにもなるなんて・・・。

現在、自転車通勤してる方なら分かる、コレどうにかならん?な事はコレで解決しますよ~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬でも汗だくです

ハイ、最近は寒波の影響もあり、特に寒いですよね~。

しかしながら自転車通勤の私は、自宅を出てすぐなら寒いですが、しばらく走っているとじきに温まり、もう少し経つとじんわりと汗を掻いてくるぐらいで、着ているジャンパーのチャックを開けての走行になります。

そう、この寒波でもですよ。

自宅から会社までの道のり、約30分ですが上り坂はありません。

比較的短時間な通勤距離ですが、行きは下り坂になり帰りは上り坂。

一部だけ激坂はありますがその他は大した坂はありません。

当然、帰りの激坂ではなかなかの汗だくになります。。。。

この先、夏になったらどうなる事やらですが。。。

背中がビチョビチョに

で、弁当やら水筒やらを持っていくのに、当初はリュックを背負って持って行ってました。

が、行きはそうでもないのですが、帰宅した時は背中が汗だくでビチョビチョです。

自転車乗りにリュックってよく見かけるけど、夏場なら分かるが真冬でもこんなに汗だくになるものなのかと驚きです。

このままだとこの先の春から夏にかけてが恐ろしいので、何か良い方法は無いモノかと検索して見つけました!

パニアバッグなるモノ

愛車はクロスバイクとはいえ背に腹は代えられず、前カゴを付けようかと色々と探してましたが、前以外でも後ろでもいいかな?と探してると・・んん??

いいのあるやん!!

コレ、自転車で日本縦断とかで見るヤツやん!

コレコレ、自転車の後ろにくっついてるカバン。

検索するとパニアバッグと言うらしい。

早速、色々と検索して良さげなモノをゲットしました。

自分に合うサイズはもちろん、雨の日も自転車での通勤なので防水タイプ。

そして取り外しも簡単に出来るタイプのモノ。

このパニアバッグなるモノは、こんな感じでワンタッチ方式になってるようで、上からクリップのようになってる部分を引っ掛けて、下側の部分も固定出来るようになってるようです。

パニアバッグ

角度調整も出来るので装着の幅も広そうです。

パニアバッグ

ちょっと説明が分かりづらいかと思いますが、各商品の説明を見ていただいた方が早いかと思います。

で、実際に使って通勤してますが、コレは超おすすめですよ!!!

このバッグに必要なモノを詰め込み、自転車を駐輪場に置いたらサッとバッグを取り外せる所がめちゃいいです。

もちろん、背中の汗ともおさらばですし。。。

自転車通勤の方はぜひご検討下さい、おすすめです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました